旬の産直

ホーム > 収穫スケジュール > 6月 > お茶
6月の収穫
お茶

お茶お茶の美味しい入れ方

お茶を入れる温度は、70℃が適温です。
沸騰したお湯を湯飲みに入れると10度下がります。
下記の手順でお茶をいれお楽しみ下さい。

  1. 急須に飲まれる分量の茶の葉を入れる。
  2. 各人数分の湯飲みに沸騰したお湯を振分入れる
    (この時点で10度下がる)。
  3. 湯飲みのお湯を急須にもどす(このとき10度下がる)。
  4. 急須の中の茶の葉が、開くまで待って(この時点で70℃になっている)湯飲みに入れる。
    最後の一滴まで注ぐ。最後の一滴も甘みがあっておいしい。
お茶:菅尾 榮祐さん
生産者情報 菅尾 榮祐

特徴

甘みがあり、まろやかな味です。

出品店情報

渋見店・久居店・一志店

 

三重の安心食材認定を取得


ライン
お茶:長谷川 幸男さん
生産者情報 長谷川 幸男

特徴

特上煎茶→適摘時期に摘みとりお茶特有の渋みが、良い。
特上かぶせ茶→摘み取り前の14日間以上カンレイシャを掛け、日光を遮って刈り取る。渋みが無く、甘味がありまろやかな味わい。

出品店情報

渋見店・久居店・一志店

 

三重の安心食材認定を取得


ライン
お茶:出口 正司さん
生産者情報 出口 正司

特徴

環境に優しい土作りに力を入れている。お値打ち価格で提供したいので、経費節減に取組んでいる。

出品店情報

大黒田店・下村店・垣鼻店

 

三重の安心食材認定を取得


ライン
お茶:広地 正行さん
生産者情報 広地 正行

特徴

深蒸し茶→まるみと深みのあるお茶です。

出品店情報

大黒田店


ライン
お茶:山門 義弘さん
生産者情報 山門 義弘

特徴

土作りに力を入れてます。10年程前から化学肥料は使用せず、おから・魚粕等を使ってます。又、夏~秋にかけては茶葉を収穫せず、葉を落とし堆肥にしています。

出品店情報

ハイジー店・神久店・藤里店・二俣店・昭和店・大黒田店・下村店・垣鼻店・渋見店・久居店・一志店

 

三重の安心食材認定を取得


ライン
お茶:濱井 幸太郎さん
生産者情報 濱井 幸太郎

特徴

エコファーマーの認定を受けています。お茶は、味が濃く煎が効きます(2度出しでも美味しい)。

出品店情報

明和店


ライン
お茶:松田 ひとみさん
生産者情報 松田 ひとみ

特徴

美味しいお茶作りを心がけています。

出品店情報

下村店・垣鼻店


ライン
お茶:中西 貞さん
生産者情報 中西 貞

特徴

2009年かぶせ茶の本場、伊勢茶品評会で1等賞を受賞しました。

出品店情報

ハイジー店・神久店・藤里店・二俣店・昭和店・五ケ所店・久居店


ライン
お茶:豊翠園さん
生産者情報 豊翠園

特徴

安心安全をモットーに、有機栽培で摘みとったお茶です。

出品店情報

ハイジー店・神久店・藤里店・二俣店・昭和店・五ケ所店・大黒田店・下村店・垣鼻店・渋見店・久居店・一志店


ライン
お茶:世古 暁美さん
生産者情報 世古 暁美

特徴

丹精込めて育てたお茶です。

出品店情報

ハイジー店・藤里店


ライン
お茶:類農園さん
生産者情報 類農園

特徴

菜種粕、カキ殻を使用し、やさしい土作りをしている。

出品店情報

ハイジー店・神久店


ライン
お茶:堀江 良和さん
生産者情報 堀江 良和

特徴

鶏糞、牛糞、菜種粕を使用し、土作りに力を入れています。

出品店情報

大黒田店・下村店・垣鼻店・一志店


ライン